2009年12月15日

ポポさん

昨日、ポポビッチ監督の送別会が行われました。和やかな雰囲気の中、楽しい時間を過ごしました。
監督の退団については、ラスト数試合は監督のサッカーが浸透してきて結果も出せていた分、残念です。
監督はグランド上ではとても厳しい人でしたが、グランドを離れるとまさにジェントルマンで、いつも年長の僕の疲労や古傷の状態を気にかけてくれていました。
そして最終節での起用、生涯忘れることの出来ない思い出を作らせてもらいました。感謝しています。
日本で成功する要素を沢山持っている監督ですから、いつかまた日本に帰って来てほしいですね。
今度はシーズン前の準備期間のあるタイミングで。
ポポさんお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
Image825.jpg
posted by テッペイ at 23:31| Comment(10) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

感謝

たくさんの書き込みありがとうございました。みなさんの気持ち本当に嬉しいです。コメントを読んでいてまた涙が出てしまいました。
色々なことが思い出されますね。
鳥栖戦の逆転ゴール、大宮での昇格決定、復帰後のエスパルス戦のゴール、なんといってもナビスコカップ優勝でしょうか。あのタイトルは選手、サポーターが共に勝ち取ったものですからね。
ですからナビスコカップを例えるとどんな文字かという質問に僕は「結晶」と答えたんですよ。まさに選手、サポーターの結晶ですよね。
最終戦から五日経ち、気持ちも落ち着きましたが、やっぱり寂しいです。もうあのサポーターのいるドームでプレー出来ないんですね。
どの道に進もうが応援してくれるというメッセージとっても嬉しいです。僕もみなさんのことは忘れません。
写真は以前に一度載せましたが、ナビスコ決勝の日付がプリントされたスパイクです。もう一度みなさんに見せたいと思いまして。
Image824.jpg
posted by テッペイ at 21:24| Comment(23) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

8年間の感謝を込めて

12月5日ホーム最終戦で、僕のトリニータでの最後の試合が終わりました。
悔いはあります。
試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、J2に落としてしまった悔しさやサポーターのみなさんに申し訳ないという気持ち、もっともっとトリニータでプレーしたかったという無念さ、様々な想いが溢れ出てきて涙が止まりませんでした。
本当にまだまだトリニータでプレーしたかった。
こんなに素晴らしいサポーターのいるチームで。
今までたくさん辛いことや苦しいことがありましたが、サポーターのみなさんの声援がその全ての困難を忘れさせてくれました。大怪我をした時もそうでした。2003年ホーム最終戦、松葉杖の僕に送ってくれた「哲平コール」、どんなに励まされたことでしょう。苦しいリハビリを乗り越えることが出来、今の自分がいるのはあのコールがあったからだと思っています。本当に感謝しています。今まで本当にありがとうございました。僕にとってトリサポは日本一のサポーターです。
「哲平コール」一生忘れません。
今後の進路については、現役続行、指導者の分野両方の面で模索中です。決まり次第報告させていただきます。
写真は試合後サポーターの方からいただいたマフラーです。ありがとうございました。
Image823.jpg
posted by テッペイ at 21:29| Comment(25) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。